7seas-net corporation

“体が資本”と昔からいわれていますが、普段から健康を意識し体をトレーニングしているビジネスマンはどれくらいいるのでしょうか。?

計画的に仕事をするスキルと体を鍛えるスキルは似ています

仕事ができる人は計画的に仕事を進めることができるため、プロジェクトの進捗状況を的確に把握したり、事業全体をキチンと確認できる能力を持っています。
体を鍛えトレーニングする場合、自ら目標を設定し、その目標を達成するためのプロセスを逆算して、トレーニングしなくてはなりません。
以上のことから、自身で目標を持ったダイエットや筋トレをする際にも役立ちます。

セルフコントロールは、仕事にも健康にも良い影響をもたらします

社会人なら「楽しくなくてもやらなければいけない仕事」は多くあります。そんなときでも自らの気持ちをコントロールし、前向きに仕事に向き合うことは健康的な習慣を継続することと似ています。「忙しくてもジムに行く時間をつくる」「朝早く起きてランニングをする」「アルコールや脂肪分の多い食事を控える」など、自らを律することができる能力の有無は、仕事においても影響するといえるでしょう。

お金を稼ぐ人は、体へ投資する意欲も高い

「お金持ちが最後に選ぶ買い物は健康だ」という話があります。どんなにお金があっても健康でなければそれを自由に使うことはできません。そのため、お金を稼ぐ人は、定期的に人間ドックに通ったり、パーソナルトレーナーを付けてエクササイズするなど、体にも投資する意識が高くなるようです。

仕事ができる人や体をトレーニングしている人は自信を持っている

仕事ができるようになると少し自信がつくものです。 同様に美しい女性や力強い男性は、自分に対する自信を持っていることが心理学でも証明されいるのです。自信は自分への信頼の積み重ねで生まれるものです。
仕事も頑強な体づくりも、途中で投げ出したりせず、トレーニングを積み重ねていくことで身に付き、それが自分に対する自信になっていくというところが似ているようです。




お名前
メールアドレス
内容