勝ち組風俗ビジネス デリヘルとは

デリヘルとは

女性は自宅やホテルに出張してサービスしてくれる風俗業の一業態である。お客の立場にすれば「自宅にいながらにして、自宅は風俗に早変わりしてくれる」という便利さが魅力なのがデリヘルである。
お店に電話をして好みのタイプの女性だけが告げ、後は待つだけ、、、いたって気軽に利用できる風俗サービスなのだ。この出張型の風俗が登場したのは1990年の半ば頃である。その後目新しさも手伝って、徐々に増えていきましたが、その当時は明確な規制のための法律が存在していないため、合法でもなく、非合法でもないという状態であった。しかし1999年の「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(以下、風営法)の改正によって、 「無店舗型性風俗特殊営業」という名前でデリヘルは正式に認められるようになったのである。 

これはまさに壁のような存在だった業者が市民権を得たようなものであった。デリヘル業者はそれまでは、たとえ何かトラブルが生じても、なかなか警察に相談することもできず、泣き寝入りすることも多かったと言われています。しかし、この法律の改正により、きちんと届け出さえすれば、堂々と警察に訴え出ることができるようになったのです。また、なによりも合法な風俗業であるという安心感がさらにお客さんを増やすことにもなったのである。一方、従来から存在していた店舗型のソープランドやファッションヘルスには逆風が吹くことになったのです。なぜなら、 「許可地域でしか出店ができない。たとえ許可地域であっても、保護対象施設(官公庁施設、学校、図書館、児童福祉施設、病院や診療所又は公民館、都市公園)などという厳しい規制を受けることになるのです。 保護対象施設(官公庁施設、学校、図書館、児童福祉施設、病院や診療所又は公民館、都市公園)などという厳しい規制を受けることになるのです。

世間一般的には風俗業界全体が荒稼ぎしているように思われがちですが、このような厳しい規制という背景もあるがために店舗型のソープランドやファッションヘルスなど多くの店が赤字経営に転落したり廃業を余儀なくされている一方で、デリヘル業界だけが独り勝ちしているというのが実態なのです。

実はこのデリヘル風俗業界は実は非常に理想的なビジネスモデルなのです。デリヘル経営の強みは、なんといっても「固定費」の負担は極端に少ないことなのです。
デリヘルは実店舗がないので、家賃の必要はないし、人件費についても店舗型の風俗店に比べると圧倒的に少なくて済むわけです。

この2点について圧倒的に有利のだから、経営に関して言えば、赤字になる方がおかしいというのがデリヘル業界なのですなる。まず家賃についてですが、普通の企業の経営者であればは、事務所やお店の写真がなければ、どれほど商売が楽になるであろうかということがお分かりであろう。それはサラリーマンでも同じである。子供の教育費は年々高くなる一方だし、もしこれで毎月支払っている家賃や住宅ローンはなくなればどんなに生活が楽になるであろうかという事を想像すればわかりやすいと思う。

ところが、このデリヘル業といえば無店舗型の経営であるが故に、そもそも、資金がほとんど必要ない上に枚月の家賃も全く必要ないのである。これは経営において利益を上げるためには非常に大きなデリヘルのアドバンテージなのです。また人件費も店舗型よりも圧倒的に少なくて済むのです。なぜなら、小型の場合、接客や部屋の清掃などをするためのスタッフの採用は不可欠である。しかし、無店舗型の場合には、極論すれば、客から電話を受け、デリヘル嬢に連絡するためのスタッフが1人いればそれだけで済むのである。です。その理由は店舗型の場合、客が来ない時でも風俗嬢達に基本給は洗わなければならない( 経営者としては本来は完全歩合制のにしたいところだが、それでは人気のある女性コンパニオンは他の店に引き抜かれたしまう可能性が高いのです。そのような人気女性コンパニオンを引き留めておくためにはある程度の給料の保証をしておかなければならないという面があるのです。

しかし、無店舗型のデリヘルの場合には、登録した。デリヘル嬢を自宅待機させておき、客から電話があれば登録嬢に指示をするだけで済むのです。ほとんどの場合が完全歩合制なので無駄な人件費は一切かからないというわけなのです。ちなみにデリバリーといえば、ピザなどの場合 店頭販売の方が、つまり、お店で食べる方が宅配で食べるより安い料金設定になっています。宅配するとドライバーの人件費やバイクの維持費や燃料費などがかかり、店頭販売よりもコストがかかってしまうからです。

しかし、デリヘルの場合、ファッションヘルスなどの店舗型風俗と比較しても、決して割高なデリヘル料金にはなっていません。なぜなら、固定費を削ることによっててん、デリバリーのための費用(デリヘル嬢が指定の場所に行き、帰ってくるための交通費)も飲み込んだ料金体系になっており、そのことが逆に料金はリーズナブルだと感じさせる効果があるからだ。さらにデリヘルはIT社会にもってこいのビジネスモデルとなっているのだ。

なぜなら、基本的にデリヘルを利用する客は自分の気に入った女性をインターネットを通して見つけて、予約をするわけである。それに対して、店舗型の場合、気に入った女性を見つけようとすると結構な努力が強いられる。もちろん店舗型でもインターネットに女性の顔写真などの情報を流しているところはあります。

しかし、基本的には馴染みの店があったり、好みの女の子が決まっていたりすれば話は別だが、初めての時などには風俗街をそぞろ歩きしながら、店頭に貼られているチラシなどをこまめに見ていかなければならない。もちろん、より可愛い女性を見つけたいという人は店を何件も見てまわったりする。そうして、 13人の広報仕事ところで、最終決断をするためにもう一度、お店の間を行ったり来たりしなければならない。

そうしてようやく1人に絞ったところで、お店に入ったものの、その女性は人気が高いため、プレイ中だったり、予約がいっぱいで結局なんだったというようなこともあり得る。しかし、デリヘルならわざわざデカくなくても好みの女性を探すことができるのだ。インターネットのサイトから気に入った女性を見つけて寝るまでアポイントをとれば12時間後には女性が自宅に来てくれる。まさにIT時代の申し子とも言える。なんとも便利な風俗サービスなのである。

デリヘルビジネスのランニングコスト

デリヘルの成功のキーワードは「ランニングコスト」である。経営の世界において「ランニングコスト」は欠かせないキーワードである。7人にこそとは、簡単に言うとんお店や会社が経営を維持していく上で必要不可欠な仕様のことです。上記のデリヘルや店舗型のファッションヘルスやソープランドの話の中で書きました家賃や給料などの固定費に加えて広告費、照明や、冷暖房および飲食のための光熱費などがこのランニングコストにあたり、毎月必ず発生し、支払う必要のあるお金です。

ランニングコストの反対はイニシャルコストです。これは日本語で言うと初期費用のことですが、店の経営を始める際にかかる処理しようが少ないに越したことはないことが、誰でもわかりますがでん、しかし実際には、すでに会社や店舗を経営している経営者にとっては過去に発生したそんなイニシャルコストよりも、今現在発生している。こういったランニングコストの方が気にかかるはずです。なぜならこのようなランニングコストは支払いができなくなった瞬間に経営がストップしてしまうからです。さらにこのランニングコストの高い低いが、利益を上げるか赤字を出すかの大きなポイントとなるからです。そして、このランニングコストには「固定費」と「変動費」の2種類があります。

この2つの種類のランニングコストについてはきちんと理解しておく必要があります。

まず固定費ですが、これは売り上げの増減に関係なく毎月一定の金額の費用が発生するものであり、店舗型のソープランドやファッションヘルスの場合、たとえ客が1人も来店しなくても、売り上げはゼロであっても、家賃、従業員( 特にコンパニオンの女性以外)の従業員の人件費の私などは支払わなければならない。それに対してデリヘではまず、基本的に家賃が必要ありません。仮に電話受付用の上昇、枯れたとしても、その家賃はファッションヘルスやソープランドのような店舗の家賃に比べれば格段に安くて済むのです。これがデリヘル事業にとって大きなアドバンテージになっています。さらに、接客や清掃などが全く必要ないため、そのような従業員の人件費も必要はなくなることも大きな強みです。

次に変動費ですが、これは売り上げの増減によって一緒に変化する仕様のことです。店舗型の場合、売り上げが増えれば(つまり客がたくさん来れば) 、それに比例しておしぼりや歯ブラシシャンプーやクリームやトニックなどのアメニティグッズも消費されますので、使用が増えていきます。さらにはシーツやタオルなどのクリーニング代も増えていきます。それに対して、デリヘルの場合、コンパニオンの報酬以外の変動はほとんど発生しません。つまり、売り上げに比例して増える出費が少ない分、売り上げの伸びがそのまま利益の伸びになるのです。

つまりランニングコストを極めて低く抑えることができるところにデリヘルの商品はあるわけなのです。
もちろん、この構図は風俗業に帰ったことではありません。どんな商売にも共通して言えることです。このような努力を怠っては商売でビジネスを続けていって書き続ける事は難しいでしょう。